贈者名 賞状の書き方 横書き

贈者名|賞状の書き方 横書き編

MENU

贈者名|賞状の書き方 横書き編

縦書き賞状の場合、賞状を贈呈する贈者名の書き方を説明します。また贈者名の肩書や会社名などの所属の書き方についても紹介します。

 

横書き賞状 下書きサンプル

 

 

 

贈者名の書き方

 

配置

 

横書き賞状の【贈者名】は、【日付】の下、横書き賞状の最も下に配置されます。左側の書き出しは、少し知識が必要です。

 

書き出しは、【主文】の最後の行の書き出しの幅の中心、【日付】の書き出しの幅の中心を結んだ延長線上、【贈者名】の中心を通る点が、書き出しになります。

 

右端の書き終りは、25〜30mm程度の余白を取れる場所が一般的です。この余白は落款の大きさにも左右されるので、【贈者名】が複数いる場合は、特に注意した方が良いです。

 

横書き賞状 贈者名

 

 

文字の大きさ

 

【贈者名】の文字の大きさは、【受者名】に次いで大きな文字となり、【主文】よりも大きくなります。賞状全体の文字数によっては、【贈者名】と【受者名】、【贈者名】と【主文】が同じ大きさになる事もあります。

 

所属・肩書について

 

会社名や組織名などの所属がある場合、【贈者名】の上に書きます。所属の書き出しは、【主文】【日付】【贈者名】に倣います。つまり、所属がある場合は、【贈者名】の書き出しは少し右に寄ります。

 

肩書は【贈者名】の左側に小さな文字で書きます。肩書の文字数が多くなる場合、例えば「代表取締役社長」「取締役兼CEO」など、肩書は2行や3行で書く事もあります。

 

関連ページ

配置
横書きの賞状の中でも、最も一般的な【A3】【枠有】を例にとって、基本的な配置から書き方の解説をしていきます。
原稿
賞状を作る際に、まずやらなくてはいけない事は、原稿を作成する事です。原稿は、自分で考るだけではなく、他の人に依頼される事もあるでしょう。いずれにせよ、賞状に見合うように検証の作業を行います。
レイアウト
原稿を検証し、パーツの配置、主文の改行、パーツと余白の寸法が決まったら、賞状をコピーした用紙にレイアウトの線を引いていきます。
文字の大きさ
賞状のパーツそれぞれの文字は、大きさが異なります。大きく見せるべき文字、小さく抑えるべき文字、メリハリをつける事で、賞状はより美しく見えます。
下書き
原稿からレイアウトを計算し、実際にレイアウトを引いたら、鉛筆で下書きを書いていきます。全体のバランス調整、文字の大きさのメリハリなども下書きの作業で確認していきます。
表題
賞状の表題は、賞状の中で最も大きく、もっとく太く書くパーツです。それは、賞状の顔ともいえる重要なパーツだからです。表題の書き方や大きさについて解説します。
受者名
受者名は賞状を贈呈される方の名前が入ります。『賞状』『感謝状』『卒症証書』など、賞状により敬称が異なってきます。受者名の配置や大きさなど、書き方について説明します。
主文
主文は賞状の本文です。賞状の中では最も文字数が多くなるパーツですので、バランスの取れたレイアウトで書く必要があります。主文の書き方には幾つかルールとコツがあるので説明します。
日付
横書き賞状の日付について説明します。日付は基本的に、賞状を贈呈する日にちが入りますが、縦書きと横書きでは、書き方に違いがあります。
毛筆で書く
賞状作成の最終段階、賞状の毛筆揮毫を解説します。レイアウトと下書きの作業後に、ライトテーブルでトレースしながら賞状本用紙に清書していきます。