日付|賞状の書き方 横書き編

横書き賞状の日付について説明します。日付は基本的に、賞状を贈呈する日にちが入りますが、縦書きと横書きでは、書き方に違いがあります。

 

横書き賞状 日付の書き方

 

 

 

日付の書き方

 

配置

 

日付は【主文】と【贈者名】の間に入り、上下の間隔は均等になります。書きだしは、左から1文字分下げた場所からとなり、A3賞状の場合、10〜11mm程度に収まる事が一般的です。

 

文字の大きさ

 

文字の大きさは、賞状のパーツの中では最も小さくなり【主文】の次の大きさです。文字の大きさが小さいと言っても、賞状の主なパーツの一つなので、極端に小さくする必要はありません。

 

横書き賞状 日付のサンプル

 

ルール

 

横書き賞状の大きな特徴の一つは、数字をアラビア数字で書く事です。日付も例にもれず、アラビア数字で書きます。依頼主の希望が特になければ、アラビア数字で表記します。

 

日付の表記は特に難しく考える事は無く、西暦・和暦、現行通りに書けば大丈夫です。また、数字は少し斜に構えて書くと美しく見えます。