表題|賞状の書き方 横書き編

賞状の表題は、賞状の中で最も大きく、もっとく太く書くパーツです。それは、賞状の顔ともいえる重要なパーツだからです。表題の書き方や大きさについて解説します。

 

横書き賞状の表題の書き方

 

 

 

表題の書き方

 

配置

 

横書き賞状の表題は、左右の中心に配置されます。『賞』はズバリ賞状と文字の中心に合わせて配置します。『賞状』など2文字の場合は、中心線より左に40mm程度の場所から書き出し、右に40oの場所で書き終わります。

 

『感謝状』『表彰状』等の3文字の場合は、左に50mmの場所から書き出し、右に50mmの場所で書き終わります。2つ目の文字の中心と賞状の中心が同じとなります。

 

横書き賞状の表題の見本

 

余白

 

上下の余白に関して、上側は、天の線から賞状全体の中でも広めの余白を取ります。表題下側の余白は、【受者名】の上下の余白に寄ります。

 

文字間の余白は、文字の大きさに寄ります。文字の大きさ形は正方形に入る程度ですので、それに準じた文字間の余白となります。

 

書体

 

書体は楷書体で書くのが一般的です。堂々とした賞状にする為にも、表題は極端に太く書いても良いと思います。表題が細いと、賞状全体が貧弱な印象になってしまうからです。