原稿 賞状の書き方 横書き

原稿|賞状の書き方 横書き編

MENU

原稿|賞状の書き方 横書き編

賞状を作る際に、まずやらなくてはいけない事は、原稿を作成する事です。原稿は、自分で考るだけではなく、他の人に依頼される事もあるでしょう。いずれにせよ、賞状に見合うように原稿を検証する作業を行います。

 

横書き賞状 原稿見本

 

 

 

基本ルールに当てはめる

 

賞状には幾つかの基本ルールがあります。また、美しく見せる為のコツもいくつかあります。自分で原稿を考える場合は、そのあたりも考慮し、依頼された原稿であれば、原稿の意図を崩さない程度に検証していきます。

 

賞状のルール・コツの例
  • 標準的な文字数は90〜120程度
  • 文章の区切りは少なく抑える
  • 句読点を付けない
  • 敬称の確認
  • 横書き賞状の数字はアラビア数字

 

これらルールやコツを考慮に入れ、賞状の原稿を検証し、必要であれば修正を加えていきます。しかし、ルールやコツに当てはまらない事も、こだわりがあったり、依頼主の希望があれば、それを尊重します。ルールやコツに縛られすぎる必要はありません。

 

レイアウトを考える

 

原稿の検証は、まず【表題】【受者名】【主文】【日付】【贈者名】をハッキリさせる事から始まります。これらは賞状の大基本のパーツで、骨格となります。

 

横書き賞状 原稿見本

 

改行

 

基本的なパーツがハッキリしたら、主文の改行を考えていきます。まず、主文の句読点を外し、文字数を見ていきます。【A3】【横書き】【枠有】賞状の場合、行数は4〜7行、1行あたり14〜16文字程度が一般的です。行数が7行、8行・・・、と増えると文字数が17文字、18文字・・・、と増えると考えます。

 

受賞者に必要な行数(所属等の有無)、贈者名に必要な行数を考慮に入れ、全体のバランスを考えながら主文の行数と改行を決めていきます。

 

横書き賞状 原稿レイアウト検証

 

レイアウトの数値を計算

 

パーツの配置と主文の改行が決まったら、レイアウトに必要な細かな数値を計算していきます。余白、それぞれのパーツの文字の大きさを、賞状全体のバランスを考慮し計算します。

 

横書き賞状 原稿レイアウト検証

 

縦の幅の数値が決定したら、賞状をコピーした用紙にレイアウトの線を書きあげていきます。

 

関連ページ

配置
横書きの賞状の中でも、最も一般的な【A3】【枠有】を例にとって、基本的な配置から書き方の解説をしていきます。
レイアウト
原稿を検証し、パーツの配置、主文の改行、パーツと余白の寸法が決まったら、賞状をコピーした用紙にレイアウトの線を引いていきます。
文字の大きさ
賞状のパーツそれぞれの文字は、大きさが異なります。大きく見せるべき文字、小さく抑えるべき文字、メリハリをつける事で、賞状はより美しく見えます。
下書き
原稿からレイアウトを計算し、実際にレイアウトを引いたら、鉛筆で下書きを書いていきます。全体のバランス調整、文字の大きさのメリハリなども下書きの作業で確認していきます。
表題
賞状の表題は、賞状の中で最も大きく、もっとく太く書くパーツです。それは、賞状の顔ともいえる重要なパーツだからです。表題の書き方や大きさについて解説します。
受者名
受者名は賞状を贈呈される方の名前が入ります。『賞状』『感謝状』『卒症証書』など、賞状により敬称が異なってきます。受者名の配置や大きさなど、書き方について説明します。
主文
主文は賞状の本文です。賞状の中では最も文字数が多くなるパーツですので、バランスの取れたレイアウトで書く必要があります。主文の書き方には幾つかルールとコツがあるので説明します。
日付
横書き賞状の日付について説明します。日付は基本的に、賞状を贈呈する日にちが入りますが、縦書きと横書きでは、書き方に違いがあります。
贈者名
縦書き賞状の場合、賞状を贈呈する贈者名の書き方を説明します。また贈者名の肩書や会社名などの所属の書き方についても紹介します。
毛筆で書く
賞状作成の最終段階、賞状の毛筆揮毫を解説します。レイアウトと下書きの作業後に、ライトテーブルでトレースしながら賞状本用紙に清書していきます。