賞状 書き方 ルール コツ

賞状の書き方 ルール・コツ編

MENU

賞状の書き方 ルール・コツ編

賞状の書き方には、いくつかの基本ルールが存在します。また、きれいに書きあげる為のコツも存在します。美しい賞状にする為のルールとコツを解説します。

賞状の書き方 ルール・コツ編記事一覧

賞状の受者名を書く際のルールとコツ、受賞者名の敬称についても解説します。受者名について受者名は賞状の中でも最重要パーツと言えます。賞状を贈る対象の名前を入れる訳ですから、誤字脱字は特に気を付けます。賞状の中で、しっかりと主張するように、表題に次いで大きく太い文字で書きあげます。受者名の左右の余白は少し広めにとります。余白をしっかりと取る事により、受者名が目立つようになります。また、賞状全体としても...

賞状の適切な文字数を考えます。表題・受者・主文・日付・贈者のパーツの合計は90〜120文字程度が最適ではないでしょうか?時折、200文字を超えるような賞状もありますが、賞状全体が詰まった印象となります。慣れていないと…。普段、賞状に慣れていないと、文字数を多くしてしまう傾向があります。特に主文の文章が長くなってしまっています。どうしても言いたいことがたくさんあって、文章に詰め込んでしまいがちですが...

賞状に句読点は付けるのか?付けないのか?実は一般的に余り知られていません。周りの賞状を見てみるといかがでしょうか?句読点は付いていないと思います。賞状のルールとしては、句読点は付けません。句読点しかし、例外もあります。私自身の経験で数件だけですが、句読点を付けた賞状を書いた事があります。これはご依頼主のご希望です。内容も通常の賞状とは趣が異なり、手紙風でした。初めて賞状に句読点を付けた時は、原稿を...

賞状を美しく見せる為に改行はとても大切です。改行をする時のコツと基本ルール、主文をきれいに見せる為のコツなど、賞状の主文(本文)を書く際に注意すべき点をご紹介します。主文の文字数賞状の主文について、1行の文字数は14文字が標準と言われています。だいたい12文字〜20文字の中に納まります。※『認定証』等、全体の文字が少ない場合、1行12文字以下もあります。※手紙風の賞状で、全体の文字数が多い場合、1...