文字の大きさ|賞状の書き方 縦書き編

賞状は各パーツにおいて、文字の大きさが一定ではありません。また、余白も場所により大きく異なります。メリハリのある美しい賞状を作り上げる為の文字の大きさ、余白の取り方を説明します。

 

賞状 文字の大きさと余白

 

 

 

文字の大きさ

 

上図のパーツ名下についている@ABCDの数字が、文字の大きさの順位を表しています。

 

最も大きな文字が【表題】、次に大きな文字が【受者名】、その次が【贈者名】、4番目が【主文】、そして最も小さくなるのが【日付】です。この順番は、賞状の中の重要度とシンクロしています。

 

賞状の文字数やレイアウトが複雑になる場合は、【受者名】【贈者名】【主文】のサイズが大小入れ替わる事もありますが、基本的な大きさの順位は上図の通りになります。

 

余白の取り方

 

まず、天地の余白はそれぞれ11mm取ります。

 

【表題】の右側と【贈者名】の左側の余白を均等に取ります。【受者名】の左右の余白を均等に取ります。【日付】の左右の余白を均等に取ります。

 

余白は、賞状においてとても重要なポイントとなります。正しい余白をしっかりと取る事によって、賞状は美しく見えます。