贈者名 賞状の書き方 縦書き

贈者名|賞状の書き方 縦書き編

MENU

贈者名|賞状の書き方 縦書き編

賞状を贈る側の人や組織名である【贈者名】の書き方を説明します。賞状を構成する上で、必ず必要になるパーツで、重要度も高いと言えます。所属や肩書についても含め解説していきます。

 

賞状の書き方 贈り主・贈者名

 

 

贈者名の書き方

 

配置

 

賞状の書き方 贈者名 見本

 

【贈者名】の書き出しは、少しだけ知識が必要になります。まず、左右については、右側(※図の場合は所属の右側)は【日付】の余白の取り方に寄ります。左側は【表題】の右余白と均等となります。

 

書き出しは、【主文】の最左行、【日付】の書き出しの中心を繋いだ線の延長上、【贈者名】の中心を通る位置となります。所属がある場合は間に所属を経由させます。

 

下部の余白は、25〜30mmが一般的ですが、落款のサイズによって変更しても構いません。【贈者名】が複数あり、落款が複数並ぶ場合は、落款が重ならないように寸法を計算します。

 

文字の大きさ

 

【贈者名】の文字の大きさは、賞状全体で言うと【表題】【受者名】の次3番目となります。文字数・構成により、【受者名】や【主文】と同等の大きさになる事もあるので、臨機応変に対応します。

 

所属・肩書について

 

【受者名】の所属は基本的に右上から一回り小さな文字で書きます。書き終りは【受者名】よりも下に行かないように注意します。

 

肩書は【受者名】の真上に一回り小さな文字で書きます。5文字以上、例えば「代表取締役社長」などの場合は、二行書きにしても構いません。「代表取締役【改行】社長」

 

関連ページ

配置
縦書きの賞状の書き方、表題・受者名・主文・日付・贈者名の配置を解説します。全体のバランスを見ながら文字の配置を考えていきます。
原稿
賞状を作る際の第一歩、原稿の作成と検証を考えます。また、原稿作成後のレイアウトも解説します。
レイアウト
原稿を検証し、割り付けの計算が出来上がったら、実際にレイアウトの線を引いていきます。レイアウト作業は賞状用紙のコピーに、定規と2Bの濃いめのシャープペンシルを用いて行います。
文字の大きさ
賞状は各パーツにおいて、文字の大きさが一定ではありません。また、余白も場所により大きく異なります。メリハリのある美しい賞状を作り上げる為の文字の大きさ、余白の取り方を説明します。
下書き
賞状を書く際は下書きが必要です。レイアウトの線引きが完了したら、原稿を写す下書きの作業を行います。下書きを行う事で、全体のバランスを確認する事ができます。
表題
賞状の表題は、賞状の顔ともいえる重要なパーツです。堂々とした表題が書かれていると、賞状全体も堂々と見えます。他のパーツ以上に、表題は意識したいパーツです。
受者名
賞状の受者名、つまり受け取る方の名前の書き方です。賞状と言っても「賞状」「表彰状」「感謝状」「免状」「卒業証書」など様々です。それぞれの受者名の書き方を説明します。
主文
賞状の本文となる主文の書き方を説明します。主文の基本ルールと、賞状を美しく見せつコツを解説します。
日付
賞状の日付の書き方について解説します。日付は基本的に賞状を贈呈する日にちが入ります。賞状全体から見た日付の配置、文字の大きさ、書き方について解説していきます。
毛筆で書く
賞状の本番!毛筆での書き方について解説します。レイアウトと下書きが出来上がったら、トレースして賞状本用紙に揮毫します。