日付 賞状の書き方 縦書き

日付|賞状の書き方 縦書き編

MENU

日付|賞状の書き方 縦書き編

賞状の日付の書き方について解説します。日付は基本的に賞状を贈呈する日にちが入ります。賞状全体から見た日付の配置、文字の大きさ、書き方について解説していきます。

 

賞状の書き方 日付 見本

 

 

 

日付の書き方

 

配置

 

賞状 日付の書き方

 

日付の配置は、【主文】と【贈者名】の間に入ります。横の配置は【主文】と【贈者名】のちょうど中間になり、つまり【日付】の両サイドの余白は均等にとる事になります。

 

書き出しは、一文字下がった位置から始まります。【日付】の文字の大きさが11mmであれば11mm下がった位置から、文字の大きさが9mmであれば9mm下がった位置から書きだします。

 

A3賞状の場合、書き出しから書き終りまでの寸法は110mmとなります。B3賞状は100mm。A4賞状は80mm。

 

文字の大きさ

 

【日付】の文字の大きさは、主文よりも小さな文字となり、賞状の中で最も小さな文字となります。※ただし、【受者名】【贈者名】に入る肩書等は【日付】よりも小さくなります。

 

【日付】の文字の大きさは、他のパーツの大きさを考慮に入れて決まりますが、基本的には11mm〜9mmの間に収まります。A3よりも小さな賞状の場合は8mmになる事もあります。

 

ルール

 

縦書き賞状の場合、書式は漢数字が基本です。依頼主がアラビア数字の表記を希望されていれば、それに従います。一般的には和暦(平成・昭和)で書きますが、これも依頼主が西暦や皇紀を希望されれば、それに従います。

 

【日付】の表記例
  • ○平成二十六年二月二十一日
  • ○平成二十六年二月吉日
  • ○二〇一四年二月二十一日
  • ×平成二六年二月二一日

「21」という数字の場合、宛名書きの番地の表記のように「二一」とは書きません。「二十一」と表記します。

 

 

関連ページ

配置
縦書きの賞状の書き方、表題・受者名・主文・日付・贈者名の配置を解説します。全体のバランスを見ながら文字の配置を考えていきます。
原稿
賞状を作る際の第一歩、原稿の作成と検証を考えます。また、原稿作成後のレイアウトも解説します。
レイアウト
原稿を検証し、割り付けの計算が出来上がったら、実際にレイアウトの線を引いていきます。レイアウト作業は賞状用紙のコピーに、定規と2Bの濃いめのシャープペンシルを用いて行います。
文字の大きさ
賞状は各パーツにおいて、文字の大きさが一定ではありません。また、余白も場所により大きく異なります。メリハリのある美しい賞状を作り上げる為の文字の大きさ、余白の取り方を説明します。
下書き
賞状を書く際は下書きが必要です。レイアウトの線引きが完了したら、原稿を写す下書きの作業を行います。下書きを行う事で、全体のバランスを確認する事ができます。
表題
賞状の表題は、賞状の顔ともいえる重要なパーツです。堂々とした表題が書かれていると、賞状全体も堂々と見えます。他のパーツ以上に、表題は意識したいパーツです。
受者名
賞状の受者名、つまり受け取る方の名前の書き方です。賞状と言っても「賞状」「表彰状」「感謝状」「免状」「卒業証書」など様々です。それぞれの受者名の書き方を説明します。
主文
賞状の本文となる主文の書き方を説明します。主文の基本ルールと、賞状を美しく見せつコツを解説します。
贈者名
賞状を贈る側の人や組織名である【贈者名】の書き方を説明します。賞状を構成する上で、必ず必要になるパーツで、重要度も高いと言えます。所属や肩書についても含め解説していきます。
毛筆で書く
賞状の本番!毛筆での書き方について解説します。レイアウトと下書きが出来上がったら、トレースして賞状本用紙に揮毫します。