下書き|賞状の書き方 縦書き編

賞状を書く際は下書きが必要です。レイアウトの線引きが完了したら、原稿を写す下書きの作業を行います。下書きを行う事で、全体のバランスを確認する事ができます。

 

賞状 原稿の見本賞状 割り付けの見本

 

 

 

レイアウトの線引きが済んだ段階で、コピーを取り、コピーした方に下書きをすると書き直しの作業が楽になるので、効率的です。

 

下書きの書き方

 

下書きは4B等の柔らかく濃い鉛筆で、左側から書いていきます。毛筆でも同じことですが、賞状は基本的に左側から書いていきます。

 

特に主文に言える事ですが、漢字は大き目、平仮名は小さ目に書くと、賞状全体にメリハリがつき、美しく仕上がります。また、各行の最初の1文字を大きめに書く事もポイントです。最初の文字が小さいと、行全体が貧弱に見えてしまいます。

 

賞状 下書きの見本

 

下書きをすると、1行の収まりが悪かったりしても、消しゴムで消して修正が効きます。レイアウトしたらすぐに毛筆ではなく、一度下書きの作業を入れる事をお勧めします。