毛筆で書く 賞状の書き方 縦書き

毛筆で書く|賞状の書き方 縦書き編

MENU

毛筆で書く|賞状の書き方 縦書き編

賞状の本番!毛筆での書き方について解説します。レイアウトと下書きが出来上がったら、トレースして賞状本用紙に揮毫します。

 

縦書き賞状ライトテーブルでトレース

 

 

 

ライトテーブルの使用

 

ライトテーブル(トレーサー)を使わずに、直接賞状の本用紙にレイアウトの線を引き、毛筆で書き終わったら消しゴムで線を消す方法もありますが、汚れなどのリスクを考えると、トレーサーを使って書いた方がきれいに仕上がるでしょう。

 

毛筆での書き方

 

墨の調整

 

墨の色はできるだけ濃い方が賞状には好ましいと言われています。墨はできるだけ濃く摺ります。賞状を何枚も書かなくてはいけない場合は、墨を擦る時間を短縮する為に専用の墨汁を使っても良いと思います。

 

墨汁を使う際は、濃すぎたり、粘りすぎる事があるので、適度に水を加え、固形墨で色や書き味を調節します。

 

季節にも左右されますが、墨はすぐに蒸発してしまい、濃さや粘度がドンドン変化します。1枚の賞状で前半と後半で書き味が全く変わっている事もあります。そのあたりも考慮に入れて墨を調整します。

 

縦書き賞状は左から書く

 

賞状の書きはじめ

 

縦書き賞状の書き方の中で最も特徴的な事は、左の行から書いていく事です。左から書く事によって、賞状用紙の汚れを防ぐことができます。

 

左から書くという事は、賞状を書きながらの文章のチェックはとても困難です。文章のチェックは下書きの段階で完了しておきます。

 

基本的な縦書き賞状の見本

 

こうして、同じものは2枚とない、世界で1枚だけのオリジナルの賞状が出来上がります。最後に落款を押せば完成です。

 

関連ページ

配置
縦書きの賞状の書き方、表題・受者名・主文・日付・贈者名の配置を解説します。全体のバランスを見ながら文字の配置を考えていきます。
原稿
賞状を作る際の第一歩、原稿の作成と検証を考えます。また、原稿作成後のレイアウトも解説します。
レイアウト
原稿を検証し、割り付けの計算が出来上がったら、実際にレイアウトの線を引いていきます。レイアウト作業は賞状用紙のコピーに、定規と2Bの濃いめのシャープペンシルを用いて行います。
文字の大きさ
賞状は各パーツにおいて、文字の大きさが一定ではありません。また、余白も場所により大きく異なります。メリハリのある美しい賞状を作り上げる為の文字の大きさ、余白の取り方を説明します。
下書き
賞状を書く際は下書きが必要です。レイアウトの線引きが完了したら、原稿を写す下書きの作業を行います。下書きを行う事で、全体のバランスを確認する事ができます。
表題
賞状の表題は、賞状の顔ともいえる重要なパーツです。堂々とした表題が書かれていると、賞状全体も堂々と見えます。他のパーツ以上に、表題は意識したいパーツです。
受者名
賞状の受者名、つまり受け取る方の名前の書き方です。賞状と言っても「賞状」「表彰状」「感謝状」「免状」「卒業証書」など様々です。それぞれの受者名の書き方を説明します。
主文
賞状の本文となる主文の書き方を説明します。主文の基本ルールと、賞状を美しく見せつコツを解説します。
日付
賞状の日付の書き方について解説します。日付は基本的に賞状を贈呈する日にちが入ります。賞状全体から見た日付の配置、文字の大きさ、書き方について解説していきます。
贈者名
賞状を贈る側の人や組織名である【贈者名】の書き方を説明します。賞状を構成する上で、必ず必要になるパーツで、重要度も高いと言えます。所属や肩書についても含め解説していきます。